車のエアコンのA/Cの意味は?上手な使い方教えます!

車のエアコンのスイッチパネルに『A/C』と書かれたボタンがあると思いますが皆様意味はご存知でしょうか?

自然と、
夏場の暑い時期:A/C ON
冬場の寒い時期:A/C OFF

のように、ON/OFFを切り分けていませんか?

今回はカーエアコンの『A/C』の意味と使い方ついてご紹介します!

『A/C』の意味とは?

「A/C」は「エアーコンディショナー」の略です。つまり家庭用のエアコンと同じ意味です。
しかしながら、車のエアコンでは、使用用途が異なりますので詳しくご紹介します。

『A/C を ON』にするとどうなる?

『A/C を ON』にすると、車内に導入される空気を除湿や冷却するための熱交換器(エバポレータ)に冷たい冷媒が流れ、除湿・冷却します。つまり、A/CをONにすることで、除湿や冷却を可能とします。

『A/C を OFF』にすると、上記のような機能が起こらず、外気を送風する事となります。また、エンジンの熱を利用しますので、冬場などONにしなくても温風が出ます。

A/Cの上手な使い方

夏場の車内を冷やしたいとき

A/CをONとしなければ、外気温以下の風は送風されませんので、A/CをONにして下さい。 ONにすると、車内に導入される空気を除湿や冷却するための熱交換器(エバポレータ)に冷たい冷媒が流れ、除湿・冷却しますので車内に冷たい空気を送ることが出来ます。
※後ほどご紹介しますが、特に夏場にA/CをONにすると燃費が下がりますのでご承知おき下さい。

冬場の車内を温めたいとき

A/CをOFFとすれば、エンジン熱を利用して送風しますので、燃費を気にせず温かい空気が出てきます。したがって、基本的にはA/C OFFで問題ありません。ただし、冬場は車内の窓ガラスが車内と外の温度差によって車内側の窓が曇る場合が多々ありますので、その際は、A/CをONにして、除湿機能を作動させることで解消することが出来ます。

なぜ『A/C』をONにすると燃費が悪くなる?

A/CをONにすることで、コンプレッサーという機械が作動します。この機会が作動させるのに電力を多く必要とするため、燃費が悪くなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は車のA/Cの意味、機能についてご紹介させていただきました。快適なドライブをする為には、エアコンは欠かせません。これまで、自然にA/Cの使い分けをされていたと思いますが、この記事で皆様の知識の向上に役立てていただけたら幸いです。


この記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です