初めてでも簡単に出来る!ウォッシャー液補充方法!

今回は難易度超簡単!

「ウォッシャー液の補充方法」についてご紹介させていただきます!

運転し始めた時など、「ガラスが汚れている」とか「毎日の癖で・・・」などウィンドウウォッシャーは頻繁に使用している方も多いと思います。なくなったからと言って致命的なものではありませんが、ガラスをキレイにして視界確保をする!そして快適なドライブをする点では、定期的にウォッシャー液の量の点検と補充をしておきたいところです。

ウォッシャー液の効果

ウォッシャー液はガラス面に付着した汚れを落としやすくする成分が含まれています。つまり、ガラスの洗剤的な効果があります。フロントガラスに、ウォッシャー液を噴射及び、ワイパーで汚れを拭き取ることで視界を良好にしてくれます。また、ウォッシャー液には、多数の種類があり、そそれぞれ得られる効果が違います。

ウォッシャー液の種類

洗浄効果のみの安価なウォッシャー液
洗浄効果のみのウォッシャー液です。機能が洗浄効果である為、非常に安価です。
※基本的には、新車時は洗浄効果のみのウォッシャーは補充されています。

撥水効果のあるウォッシャー液
洗浄効果に加え、撥水効果のついたウォッシャー液です。フロントガラスに撥水効果を付けたい!撥水効果を持続させたい人少し高価となりますがおススメです!

凍りにくいウォッシャー液
寒冷地でも使用可能なウォッシャー液で、製品によっては60℃まで凍結しません。 東北・北海道地方など寒冷地で運転する人はこのタイプのウォッシャー液を選びましょう。

油膜とり効果のあるウォッシャー液
油膜を強力な洗浄力で取ってくれるウォッシャー液です。こちらの製品で完全に油膜が除去できるわけではありませんが、通常のウォッシャー液だと、なかなか落とせない油膜汚れを落としてくれます。毎日継続して使用することで、洗車時の手間も省けます。

ウォッシャー液はそれぞれのカーライフによって使い分けましょう。
※注意点として、ウォッシャー液をケチって水だけ入れのはお止め下さい。冬期に凍ってしまいウォッシャー液が出なくなったり、水が腐ってしまうなど・・・マイナス効果ばかりですので止めた方が無難です。

ウォッシャー液の補充方法

 

それでは、具体的ウォッシャー液の補充方法を紹介します!

ウォッシャー液の補充場所は?

ボンネットを開けて写真のようなウォッシャーマークのある所にウォッシャー液が貯められているウォッシャータンクがあります。
※車種によって場所は異なりますが、マークは全て一緒です。

ウォッシャー液の補充方法

ウォッシャータンクの場所さえ分かればあとは、キャップを外して補充するのみです!車種によってはタンクのレベルゲージが付いていますが、キャップをして溢れなければOKです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はウォッシャー液の補充方法についてご紹介させていただきました。ウォッシャー液にも色々種類があり迷うと思いますが、自分のカーライフに合ったウォッシャー液を探してみて下さい!


この記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です