高速道路でエンスト!!自動車保険で安心のロードサービス!

先日、仕事で運転して高速道路に乗ったら、急に車が動かなくなってしまいました!!隣に上司がいて、アポイントあるのにどうしたものかと焦りながら社用車をリースしている提携工場に電話したところ、自動車保険のロードサービスを頼んでくださいと言われてしまいました。来てくれないんか~!と思いながらロードサービスにかけてみるとレッカー車を手配するので待っておくようにとのことでした。上司は先に別な車で帰ってもらい、レッカーを初めて使ったのですが、色々知ることができたのでちょっと書いてみたいと思います。

今回のテーマは、自動車保険ってすごいって話です。

自動車保険のロードサービスってどんなの?

ロードサービスは各社名称も違えば、内容にも多少の誤差はありますが概ね以下のような内容になります。

特徴
  • 事故・故障時の応急サービス(ジャンピング、カギ閉じ込め、パンク、脱輪、オイル漏れなど)
  • ガソリン給油サービス(年1回程度10ℓ)
  • レッカーサービス(最寄りや、希望の工場まで搬送サービス)
  • 宿泊費・移動サポートサービス(事故や故障後の移動宿泊費用を負担)

そんなの知ってるよ!という人も多いとは思いますが、困っているときに咄嗟に思いつくかが大事だと思うので書いてみました。保険証書や車載用カードにも詳しく書いてないので、気になる方は自分の保険証書をご確認ください。契約時にもらったパンフレットも車載しておくのがいいかもしれません。特に事故の時は焦るので思い出すためにもつけておくといいと思います。

JAFに入っているから要らないんだけど・・・

似たようなサービスにJAF(一般社団法人日本自動車連盟)があります。いや、JAFにロードサービスが似ているというのが正しいと思います。昔はJAFばかりでしたしね。車を買うときには必ず加入の有無を聞かれますし、誰かと故障の経験話をしているとJAFに入っててよかったという声が多いです。

ただ、年会費(4,000円)結構するんですよねー。しかもロードサービスは車にかかっているので、対象の車であれば誰が運転しても大丈夫ですが、JAFは人にかかっているので、契約者が乗ってなかったらまったく使えないのが困ります。

私の場合、ロードサービスが外せないタイプの保険会社だったので、以前JAFは止めました。雪国であれば、チェーン脱着やスタックでも使えるJAFが必要だと思うのですが、雪には全く縁がない地域にいるのでもういいかなと。

何気にもう一つJAFだと困るのが、レッカーの移動範囲が狭いことです。15㎞程度なので、下手すれば隣の市でも有料搬送になってしまいます。だからといって、自宅近くの工場でないと取りに行くにしても依頼するにしても困るので、ロードサービスの方がよかったです。

重複できれば一番いいのですが、お金がねぇ。。。。。

使ったら、来年の保険料上がるんでしょ?

保険で誰もが気になるのが、使ったら来年の保険料があがるということです。

ところがロードサービスを使っても、保険料には影響しません(2022年8月時点)。対物保険と対人保険、車両保険を使わない限り関係ないそうです。

なので気にせず困ったら使った方がいいです。特にレッカーって、ちょっとの移動でも数万円の費用が掛かることが多いです。

ところで私の結末は?①

ロードサービスのレッカーが来て運んでもらえることになったのですが、通常人間はレッカーで運んでもらえないとのこと。でも高速を歩くの無理ということで運んでもらえることになりました。あとで聞いたのですが、通常は車だけ運ばれて、人間は移動費用負担がある場合は領収書をもらって公共交通機関(致し方ないときはタクシー)で移動することになるとのことですが、レッカー車担当者が好意で運んでくれました。ということでロードサービスは移動費用負担がないとあとあと大変かもしれないことに気づいてしまったので、その後自分の保険は見直しました。

ところで私の結末は?②

故障の原因は何とガス欠、社用車のメーター付近にメモ帳を張る癖があるのですが、そのせいで給油をしていなかったようです。すごい怒られました。。。

いかがでしたでしょうか?皆さんもこんなことありますか?あるという方は是非教えてくださいね!

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。